阪神間・北摂エリアのステキ発見 公園編

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫県立一庫公園

<<   作成日時 : 2009/08/27 13:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『兵庫県立一庫公園』に行ってきました!
画像


『兵庫県立一庫公園』は、
一庫ダムによってできた知明湖、
そこに突き出た半島「知明山」一帯が、
整備されてできた公園です。

能勢電鉄「山下」駅や「日生中央」駅からすぐの場所。
なのに、まるで高原に遊びに来たかのような、
すがすがしい空気を味わうことができます。

開発時は、民間会社主導で「休暇村」のようなものが
計画されていたそうですが、
この豊かな自然を「保全」すること、
そしてその前提として皆が自然を「理解」することを目的として
県主導で自然環境を守りながら学習のできる
大きな公園が整備されたそうです。
単なる「休暇村」にならなくて本当に良かった…
その判断に心から拍手を送ります。

とても広いのでまずは案内看板を。
画像

車でアクセスする場合は駐車場が2つあります。
ひとつは丘の上にある「丘の駐車場」。
もうひとつは湖のほとりにある「湖畔の駐車場」。
とてもロマンチックな名前ですが、
湖畔の駐車場に車を停めたら公園までは
約360段ほどの階段を上らねばなりません!
「出会いの谷」という名前の山道。
ところどころに展望+休憩用?のデッキが設けられています。
画像

丘の駐車場は、
天気の良い週末は混雑することが多いようです。

公園は3つのゾーンに分かれています。
「丘のゾーン」「水辺のゾーン」「山のゾーン」。
その中心に自然を学べる「ネイチャセンター」があります。

自然に関する資料が置かれた図書館のようになっており、
調べ物をしたり、係の人に質問をしたりできます。
定期的に草木染めや植物の寄せ植えの講座が開かれています。
「自由研究」に最適だなーと感じました。
画像


子供連れなら「丘のゾーン」が楽しいですね。
開けた原っぱと、見晴らしの良い丘、
アスレチック遊具などがあります。
原っぱでは大人でも童心に返って遊べます。
画像


夏場に大人気なのが、「丘の流れ」という水遊び場。
丘の上から滝のように水が流れ出ていて、
画像

ジグザグと川のようになった水路を経て、
小さな池のような場所へ注ぎ込んでいます。
画像

水音と子供たちの歓声が、何とも夏らしい光景です。

森の中の散策路では、
鳥のさえずりが聞こえ、自然の風が気持ちよく吹き抜けます。
画像

「水辺のゾーン」では湖畔を散歩できますし、
「山のゾーン」は自然観察の森になっているので、
野鳥や昆虫を観察しながらちょっとしたトレッキングが楽しめます。
お散歩、ウォーキングにも最高の場所です。

「近畿圏の近郊緑地保全区域」や
「猪名川渓谷県立自然公園」にも指定されている、
かけがえのない自然環境が残される場所。

近くの川では夏は鮎、冬はアマゴが釣れますので、
家族で行って、お母さんは子供と遊んで、
お父さんは釣りを楽しむ…なんてできたら良いですね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。


大きな地図で見る

川西・不動産検索 川西・マンション検索
川西・一戸建て検索 川西・土地検索
川西・相場と地域

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

兵庫県立一庫公園 阪神間・北摂エリアのステキ発見 公園編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる