住宅改造博覧会会場跡地

『住宅改造博覧会会場跡地』に行ってきました!
画像


『住宅改造博覧会会場跡地』は、
箕面市桜ケ丘にある閑静な住宅地です。
煙突のある素敵な佇まいの洋館が、
街並みにとけこんでいて、お散歩に最適です。
画像


『住宅改造博覧会』と聞くと、奇抜な家を想像してしまいますが、
この『改造』は『住宅改良運動』を表しているんです。
つまり、大正時代の和風建築から洋風建築への変遷のモデルとなる
「洋風建築」の博覧会でした。

1922(大正11)年9月21日~11月26日の期間、
関西の主要建築会社が集まる「日本建築協会」が
洋館25棟を展示。その後、一般に分譲しました。

それが約90年経った2009年現在も見ることができるのです。
画像


いくつかは、都市景観形成建築物、登録文化財に登録されているそう。
今も人が住んでいる住まいもあれば、
かつての家主は亡くなり、
遠方に住む親族が、
定期的に掃除や換気をしに来られている家もあります。
画像

画像


色々な人の協力で、大事に守られている街並み。
一度散歩してみて、意識をしてみると、
街への愛着が増すと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。よろしくお願いします。


大きな地図で見る
箕面の住宅 箕面の中古マンション
箕面の戸建 箕面の宅地
箕面の地域情報と相場